女性による避妊-低用量ピル

日本でなかなか浸透しないのが女性による避妊方法の1つ、

低用量ピル

かつてのピル(改良前)の「太る」「むくむ」といった悪いイメージが根強い事の他、女性から積極的に避妊方法を選ぶ、という考え方に乏しい女性を受け身とみなす日本独自の文化的背景もあります。

しかし10代での妊娠・中絶、働き盛りの貧困(子育ての困難)と、望まないタイミングで妊娠した場合に負担を引き受けるのはやはり女性です。妊娠・出産・子育てについてまだまだ男性の意識や責任感が低い現実。女性は自己防衛の為にもしっかり知識を深めて備えたいものです。

低用量ピルの他、避妊パッチ緊急避妊薬をお買い求め頂けます。

季節の変わり目は性器ヘルペス・帯状疱疹再発注意!

夏から秋へ。暑さが和らぎ過ごしやすくなる一方で、再発を繰り返す持病のある方にとっては要注意の「季節の変わり目」。

体内に潜伏しているウイルスが活発になり再発する

ヘルペス(帯状疱疹/性器ヘルペス/口唇ヘルペス)

もその1つ。発症の早い段階で対処すれば症状も軽く済みます。事前の準備をしっかりと!

甲状腺の病気の長期治療に-甲状腺ホルモン製剤

増税、値上げ、社会保障費・各種手当の削減等、一般家庭にとっては厳しい状況が続きます。

特に持病があり、治療・服用を中断できない症状がある人にとっては深刻な影響が出てきています。

甲状腺の病気も長期継続的な治療が必要な病気の1つ。

甲状腺機能低下症、橋本病甲状腺機能亢進症、バセドウ病(バセドー病)

は、20代、30代、40代、50代の働き盛りで負担の大きい若い女性に多い病気です。

治療薬のうち甲状腺ホルモン製剤のお取扱いがございます。

夏はデリケートゾーンのかゆみに注意を!

寝ても、覚めても、何をしていてもぐっしょりと汗をかくこの季節。

女性にはデリケートゾーン(股間、性器、膣など)のかゆみや違和感を訴える人が増加しています。

クラミジア梅毒といった性感染症(性病)の他にも、デリケートゾーンが不衛生になる事によって起こる細菌性膣炎の数も多く見られます

最近ではレギンス、スキニーパンツ、ジーンズ、冷え対策の重ねばきの流行などで夏でも下半身への圧迫が強く、これまで以上にデリケートゾーンのトラブルが増えているようです。

まずは受診して原因を知り、必要な場合には抗生物質等で治療を行いましょう。

肝班には飲んで内側から効くトランサミン

仕事を終えて外に出てもまだ日差しを感じる夏の日々。。

日焼け止めに帽子に日傘にアームカバーにサンバイザー・・・と紫外線対策ばっちりの方でも体の内側からやってくるシミにはかないませんね(- -;)

お化粧品やサプリメントの他にも、シミ治療の観点から作られたお薬があります。

最近では30代〜40代女性に多いとされる

肝班

治療に使われるトランサミン錠が人気です。

大量出血・貧血等生理による症状がひどい場合は治療を

蒸し蒸しと暑い夏がやってきました。

暑さだけでも体に堪えますが、女性の場合夏の生理は本当に不快なものです。

出血が多いタイプの人は薄着に血が付かないかとヒヤヒヤし、また暑さと大量出血で貧血を起こしやすくもなります。

生理時の体力の低下と暑さによる体力の低下が重なると、吐き気や腹痛等の症状が重くなる場合もあります。

生理中、または生理前後に決まって体調が悪くなる人には、現在痛み止めのほか低用量ピルやホルモン剤による治療が適用されています。ホルモン剤による治療は、単純に痛みをおさえるだけにとどまらず、出血量の軽減、吐き気や憂鬱な気分の解消など全体的な症状を和らげるということもあり、女性の生活を劇的に変えると言われています

潜伏期間の感染注意!女性の梅毒治療に抗生物質

近年、性病に感染する人の数が増えてきています

昔と違い、性感染症それぞれに治療方法や治療薬が確立された結果、「感染しても薬を飲めばすぐ治る」と病気そのものを軽視する向きもあります。「死にいたる病」ではないのだから・・・と考えがちですが、症状の自覚がない潜伏期間にパートナーに感染を広げる危険があります。また女性の場合、症状の進行度合いによっては今後の妊娠・出産に影響を及ぼすリスクがあります

本日は最近若者の間で特に増えている

梅毒

の治療薬をご紹介します。抗生物質が中心となります

梅毒=昔の病気と思わず、早めの治療・感染予防を行いましょう。

めまい・難聴・吐き気-女性に多いメニエール病治療薬

ここのところ政府が「女性の活用」を声高に叫んでいますね。ワーキングマザー、産休・育休・介護休暇や離職からのスムーズな復帰などなど。女性の活躍の場が広がる期待の一方、長時間労働などの過酷な就業環境で、今まで以上に女性の負担が重くなる事も懸念されます。

20代の時にキャリア形成を目標にバリバリ働いた結果、30代、40代になった途端過労とストレスから心身の不調を訴える女性が増えています。女性特有の体調の変化に鈍感な職場や家庭環境が多い中、なんとか早い段階で疲労・ストレスを軽減する方策を見つけたいものです。

本日はストレスが原因と言われており、30~50代の女性で発病が多く見られるメニエール病(メヌエル病)の治療薬をご紹介します。

口唇ヘルペスの再発に注意を!

一気に暖かくなってきました。

寒さを乗り越え、心地よい季節ですが、季節の変わり目に発症しやすい病気も沢山あります。

その代表例が

ヘルペス(帯状疱疹)

です。水疱(ブツブツとした痛み・かゆみ・違和感を伴うできもの)のあらわれる場所によって口唇ヘルペス、性器ヘルペス、角膜ヘルペスなどと呼び方は異なりますが、いずれも原因は単純ヘルペスウイルスの感染によるもの。キスや性交渉による感染ばかりが有名ですが、タオルやグラスなど他の接触方法でも発症します。また一度感染すると完治する事がない為、季節の変わり目のように身体的な負担が多い時や、ストレスが溜まっている時などに再発を繰り返します。塗り薬などで早めの対処を行えば、症状の悪化を防ぐ事が可能です。

当店では病院処方の非市販薬を含め、ヘルペス治療薬(抗ウイルス薬)をお買い求め頂けます。再発の可能性がある方は、お薬のストックにもご利用下さい。

バセドウ病の症状緩和・治療薬

20代〜30代の若い働き盛りの女性に多く見られる

バセドウ病

最近では芸能人の闘病でも有名です。甲状腺機能亢進症との違いが話題にされますが、甲状腺機能亢進症の中の代表的な病気がバセドウ病となります。原因はまだはっきりとはわかっておらず、何らかの免疫異常によるものとされています。

当店では治療に使用される甲状腺ホルモン製剤をお買い求め頂けます。

性器の異常=性病ではありません

デリケートゾーン、つまり性器付近に違和感を訴える女性は少なくありません

性器にブツブツとできものができたり、かゆみ・痛みを感じたり、おりものの色や匂いがおかしかったり・・・。こういう状態になると、「まさか性病に感染したのでは?」と誰しも不安になりますが、性器付近は非常に繊細な部分の為、性病以外の疾患の前兆や体の不調が現れる事もしばしばあるのです。

本日ご紹介する

カンジダ膣炎

も、一般的には性病と思われていますが、性交以外に疲労等、体の抵抗力が落ちた時にも発症します。性病と思われるのが恥ずかしい・・・と尻込みせずに、しっかり治療を行いましょう。

妊娠・出産を計画的に-女性からの避妊

妊娠・出産・育児をどの時期にどうやって進めるか。女性にとっては大きな問題です。

男性が避妊をしてくれず、望まない時期に妊娠してしまって仕事をやめざるを得ない、経済的に困ってしまった、男性が責任を取らないので中絶する事になった。などなどこれまでは男性の都合に振り回される事が多かった妊娠に関する問題ですが、現在では女性から避妊を行う為の低用量ピルが一般的に使用されるようになってきました。

これからは女性は主体となって体の管理を行いたいものです。

更年期障害-女性ホルモン補充療法

女性雑誌などにより少しずつ知られてきた

更年期障害

の存在。ホットフラッシュ、疲れやすい、立ちくらみ、気分が落ち込むなど、人によって症状は様々ですが、一般的な治療では女性ホルモン剤低用量ピルが使用されています。

現代の女性にとって更年期障害の起こる40代〜50代というと、子育てのピーク、介護のピーク、仕事のピークが重なり目の回るように忙しい時期です。少しのケア、少しの治療で劇的に心身の調子が良くなる事も多いという更年期障害。受診・治療がまだの方はぜひ試してみて下さい。

性交痛緩和薬

性交時の痛みを我慢し続ける女性は多いようです。

外傷、内蔵への圧力、精神的不安等様々な原因がありますので、「自分が悪い・自分が我慢すれば良い」と思わず、一度診察を受けましょう。

本日は性交痛緩和薬の中から皮膚表面麻酔剤をご紹介します。外から塗るタイプの麻酔薬で、自己注射などにも使われるお薬です。

股がかゆい:股の水虫インキンタムシ(股部白癬)治療薬あります

水虫というと足・爪の水虫がよく知られていますが、他にも股にできる

インキンタムシ(股部白癬)

というものがあります。足や爪のケアには熱心な人も、意外と気づかないのが股や性器付近の蒸れや病気。股や性器付近にかゆみ・違和感がある場合は、水虫以外にも様々な性病・感染症・婦人病が疑われます。「かぶれた」で済ませず、まずは受診しましょう。

当店ではインキンタムシ(股部白癬)の治療に使われる抗真菌剤をお買い求め頂けます。度々発症する人、長期治療が必要な方はストックにもどうぞ。

[性病]若い人に感染拡大-性器クラミジア感染症

近年特に若い人を中心に感染が広がっていると言われている

性器クラミジア感染症

の治療薬をご紹介します。感染した女性の内80%が自覚症状がないので要注意です。おりものの異常・変化が見られた場合は早めに確認してみましょう。他の性病にも言える事ですが、女性の場合症状が進行すると不妊など取り返しのつかない重症となる場合もあります。時間のある時に治療すればいいや、と放置せず、早めの処置を行いましょう。

くしゃみ鼻水鼻づまりをすっきり解消!

花粉症を始め、大人になってからアレルギー症状を訴える人が増えています。

本日は

アレルギー性鼻炎

の治療薬をご紹介します。

お化粧をする女性にとっては特に、鼻炎の症状はつらいもの。鼻をかみすぎて顔が赤くなったり、目は常に涙目になったり、せっかくのお化粧もすぐに崩れてしまったり。。メガネやマスクもせっかっくのオシャレの邪魔になったりして憂鬱になります。

当店では病院で処方される効き目の高いお薬をお買い求め頂けます。ぜひご覧下さい。

年末年始のお休み前にお薬の買い忘れをチェック!

早いもので今年も残すところ後わずかとなりました。

年末年始に長期休暇を取られる方、年末年始もしっかりお仕事に励まれる方、様々かと思われますが、体調を崩しやすいこの時期は十分にご注意下さい。

さて当店では12月28日(土)~1月5日(日)はご入金の確認、及び発送業務がお休みとなります。この期間中もご注文の受付けは行っております。

年末年始は病院、医療機関、調剤薬局がお休み、または非常に混雑する事が予想されます。服用中のお薬のストックが気になる方は、早めにご準備下さい。特に低用量ピル等飲み忘れにより効果のなくなるものは多めに用意しましょう。当店の場合も年末年始は物流の混雑により、通常よりお届けに時間がかかる事が予想されます。できるだけ余裕を持ってご注文頂けますよう、何卒宜しくお願い致します。

フラフラめまいが辛い-メニエール病治療薬あります

女性に発症の多い

メニエール病

の治療薬を入荷致しました。フラフラとする回転性のめまいが特徴の病気です。

ストレスが原因とも言われるメニエール病。毎日忙しくストレスフルな女性には注意が必要です。

お使いのお薬がございましたら一度ご覧下さい。

女性ホルモン剤:プロゲステロン・黄体ホルモン

女性の様々な体の変化に影響する女性ホルモン。近年ではその女性ホルモンのバランスが崩れて不調を訴える女性が増加しています。当店ではホルモン補充療法に使用される女性ホルモン剤をお買い求め頂けます

本日は女性ホルモンのうち、

プロゲステロン黄体ホルモン

をご紹介します。お使いのものがございましたら是非ご覧下さい。