更年期障害-女性ホルモン補充療法


女性雑誌などにより少しずつ知られてきた

更年期障害

の存在。ホットフラッシュ、疲れやすい、立ちくらみ、気分が落ち込むなど、人によって症状は様々ですが、一般的な治療では女性ホルモン剤低用量ピルが使用されています。

現代の女性にとって更年期障害の起こる40代〜50代というと、子育てのピーク、介護のピーク、仕事のピークが重なり目の回るように忙しい時期です。少しのケア、少しの治療で劇的に心身の調子が良くなる事も多いという更年期障害。受診・治療がまだの方はぜひ試してみて下さい。