タグ別アーカイブ: ストレス

季節の変わり目は性器ヘルペス・帯状疱疹再発注意!

夏から秋へ。暑さが和らぎ過ごしやすくなる一方で、再発を繰り返す持病のある方にとっては要注意の「季節の変わり目」。

体内に潜伏しているウイルスが活発になり再発する

ヘルペス(帯状疱疹/性器ヘルペス/口唇ヘルペス)

もその1つ。発症の早い段階で対処すれば症状も軽く済みます。事前の準備をしっかりと!

めまい・難聴・吐き気-女性に多いメニエール病治療薬

ここのところ政府が「女性の活用」を声高に叫んでいますね。ワーキングマザー、産休・育休・介護休暇や離職からのスムーズな復帰などなど。女性の活躍の場が広がる期待の一方、長時間労働などの過酷な就業環境で、今まで以上に女性の負担が重くなる事も懸念されます。

20代の時にキャリア形成を目標にバリバリ働いた結果、30代、40代になった途端過労とストレスから心身の不調を訴える女性が増えています。女性特有の体調の変化に鈍感な職場や家庭環境が多い中、なんとか早い段階で疲労・ストレスを軽減する方策を見つけたいものです。

本日はストレスが原因と言われており、30~50代の女性で発病が多く見られるメニエール病(メヌエル病)の治療薬をご紹介します。

口唇ヘルペスの再発に注意を!

一気に暖かくなってきました。

寒さを乗り越え、心地よい季節ですが、季節の変わり目に発症しやすい病気も沢山あります。

その代表例が

ヘルペス(帯状疱疹)

です。水疱(ブツブツとした痛み・かゆみ・違和感を伴うできもの)のあらわれる場所によって口唇ヘルペス、性器ヘルペス、角膜ヘルペスなどと呼び方は異なりますが、いずれも原因は単純ヘルペスウイルスの感染によるもの。キスや性交渉による感染ばかりが有名ですが、タオルやグラスなど他の接触方法でも発症します。また一度感染すると完治する事がない為、季節の変わり目のように身体的な負担が多い時や、ストレスが溜まっている時などに再発を繰り返します。塗り薬などで早めの対処を行えば、症状の悪化を防ぐ事が可能です。

当店では病院処方の非市販薬を含め、ヘルペス治療薬(抗ウイルス薬)をお買い求め頂けます。再発の可能性がある方は、お薬のストックにもご利用下さい。

フラフラめまいが辛い-メニエール病治療薬あります

女性に発症の多い

メニエール病

の治療薬を入荷致しました。フラフラとする回転性のめまいが特徴の病気です。

ストレスが原因とも言われるメニエール病。毎日忙しくストレスフルな女性には注意が必要です。

お使いのお薬がございましたら一度ご覧下さい。

女性も感染する性病:尖圭コンジローマの再発に注意!

  • 寒い
  • 年末年始の休みに向けて仕事や家事、用事に忙しい

仕事に家事に育児に介護にと男性以上に休みのない女性は多いと思われます。

体力が低下した時、ストレスが溜まっている時は持病が再発しやすくなります。

本日はウイルス感染症(性病)である

尖圭コンジローム・尖圭コンジローマ

の治療薬をご紹介します。

一度感染すると何度も再発を繰り返すと言われるこの病気。病院にお薬を貰いに行く暇もない方には、再発に備えたストックにもどうぞ!

女性には辛い、尿失禁のお薬あります

女性にとっては特におしっこの悩みは辛いものがあります。

シニア層の場合は加齢による尿失禁、若い女性でもストレスなど神経因性の膀胱炎や尿道炎に悩む方が多くいらっしゃいます。

お仕事中や外出時など、少しでも不安と緊張感を和らげる為に、適切な治療を行いたいものですね。

当店では尿失禁の治療薬をお買い求め頂けます。お使いのものがございましたら是非ご覧下さい。

カンジダ膣炎(カンジタ)・膣カンジダ症治療薬あります

いわゆるデリケートゾンのトラブルは沢山ありますが、

が原因というイメージが先行し、治療に二の足を踏んでしまう傾向が見られます。中には患部を見るのも見られるのも嫌だ!という方もいるようです。

性器のかゆみおりもの異常があらわれる病気には、性病や不衛生以外にストレスや体力低下が原因となるものも多くあります。男性以上に働き、家事をし、育児をし、介護も引き受けているというような現代女性にとっては、他人事ではない病気なのです。治療を先延ばしにして放置すると、他の病気につながる可能性も高まります。是非日々のケアと治療を心がけましょう。

本日はカンジダ膣炎(カンジタ)の治療薬をご紹介します。水虫の治療にも使われる抗真菌剤が中心となります。症状が出やすい方はストックにもどうぞ。

 

 

30代、40代女性に多い肝班

シミ・くすみ

の原因というと真っ先に紫外線を思い浮かべる方も多いかもしれません。確かに紫外線はシミと深い関係がありますが、女性の場合は女性ホルモンのバランスやストレスも大きな原因となります。

また、シミと言えば年をとると顔に点々とできるもの、というイメージが強いですが、輪郭のはっきりしない、もやっとした状態のシミもあります。

本日は30代・40代女性に多い

肝班

の治療薬をご紹介します。

妊娠・出産の経験や、家事・育児・仕事のストレスの増加などが、この年代の女性の肝班の多さにあらわれているのかもしれません。

皮膚科処方のピーリングクリームもございます。

生理中のヘルペス再発にご注意を

体に疲労が溜まった時、ストレスが多い時。

風邪をひいた時、生理中の時。

このように体の抵抗力が落ちている時には病気の「再発」にご注意下さい。

特に女性は普段健康であるかないかに関わらず、毎月のように生理を迎えます。

健康な人も、生理期間中は体に負担がかかり、病気の再発の可能性が高まります。

本日は再発を繰り返す病気の中から、

ヘルペス(性器ヘルペス・口唇ヘルペス・帯状疱疹)

の治療薬をご紹介致します。

症状がまだ軽い場合は軟膏での処置で済む場合も多いヘルペス。ストックにもどうぞ!