タグ別アーカイブ: 低用量ピル

女性による避妊-低用量ピル

日本でなかなか浸透しないのが女性による避妊方法の1つ、

低用量ピル

かつてのピル(改良前)の「太る」「むくむ」といった悪いイメージが根強い事の他、女性から積極的に避妊方法を選ぶ、という考え方に乏しい女性を受け身とみなす日本独自の文化的背景もあります。

しかし10代での妊娠・中絶、働き盛りの貧困(子育ての困難)と、望まないタイミングで妊娠した場合に負担を引き受けるのはやはり女性です。妊娠・出産・子育てについてまだまだ男性の意識や責任感が低い現実。女性は自己防衛の為にもしっかり知識を深めて備えたいものです。

低用量ピルの他、避妊パッチ緊急避妊薬をお買い求め頂けます。

大量出血・貧血等生理による症状がひどい場合は治療を

蒸し蒸しと暑い夏がやってきました。

暑さだけでも体に堪えますが、女性の場合夏の生理は本当に不快なものです。

出血が多いタイプの人は薄着に血が付かないかとヒヤヒヤし、また暑さと大量出血で貧血を起こしやすくもなります。

生理時の体力の低下と暑さによる体力の低下が重なると、吐き気や腹痛等の症状が重くなる場合もあります。

生理中、または生理前後に決まって体調が悪くなる人には、現在痛み止めのほか低用量ピルやホルモン剤による治療が適用されています。ホルモン剤による治療は、単純に痛みをおさえるだけにとどまらず、出血量の軽減、吐き気や憂鬱な気分の解消など全体的な症状を和らげるということもあり、女性の生活を劇的に変えると言われています

妊娠・出産を計画的に-女性からの避妊

妊娠・出産・育児をどの時期にどうやって進めるか。女性にとっては大きな問題です。

男性が避妊をしてくれず、望まない時期に妊娠してしまって仕事をやめざるを得ない、経済的に困ってしまった、男性が責任を取らないので中絶する事になった。などなどこれまでは男性の都合に振り回される事が多かった妊娠に関する問題ですが、現在では女性から避妊を行う為の低用量ピルが一般的に使用されるようになってきました。

これからは女性は主体となって体の管理を行いたいものです。

更年期障害-女性ホルモン補充療法

女性雑誌などにより少しずつ知られてきた

更年期障害

の存在。ホットフラッシュ、疲れやすい、立ちくらみ、気分が落ち込むなど、人によって症状は様々ですが、一般的な治療では女性ホルモン剤低用量ピルが使用されています。

現代の女性にとって更年期障害の起こる40代〜50代というと、子育てのピーク、介護のピーク、仕事のピークが重なり目の回るように忙しい時期です。少しのケア、少しの治療で劇的に心身の調子が良くなる事も多いという更年期障害。受診・治療がまだの方はぜひ試してみて下さい。

年末年始のお休み前にお薬の買い忘れをチェック!

早いもので今年も残すところ後わずかとなりました。

年末年始に長期休暇を取られる方、年末年始もしっかりお仕事に励まれる方、様々かと思われますが、体調を崩しやすいこの時期は十分にご注意下さい。

さて当店では12月28日(土)~1月5日(日)はご入金の確認、及び発送業務がお休みとなります。この期間中もご注文の受付けは行っております。

年末年始は病院、医療機関、調剤薬局がお休み、または非常に混雑する事が予想されます。服用中のお薬のストックが気になる方は、早めにご準備下さい。特に低用量ピル等飲み忘れにより効果のなくなるものは多めに用意しましょう。当店の場合も年末年始は物流の混雑により、通常よりお届けに時間がかかる事が予想されます。できるだけ余裕を持ってご注文頂けますよう、何卒宜しくお願い致します。

ピルの飲み忘れ・買い忘れはありませんか?

女性による避妊、また女性ホルモンバランスを整える為のお薬として広がりつつある

低用量ピル

お使いの方のお悩みで多いのが

  • 飲み忘れ
  • 買い忘れ(ストックが切れた)

です。特に日本では低用量ピルを病院で購入する必要がある為、忙しい、時間がない、近隣に良い病院がない方にとっては継続使用を諦めたくなるところ・・・。ピルは1日でも服用が切れると、せっかくの効果がなくなってしまいます。

当店では個人輸入を通して、ピルをネット通販で購入頂けます

忘れないよう早めにストックしておきたいという方!年末年始のお休みももうすぐです。是非ご利用下さい。

生理前のイライラ・体調不良:PMS治療薬

月経・生理前後に体調が悪いのは女性であれば仕方がない事、と諦めていませんか?

イライラ、集中力の低下、憂鬱な気分下腹部のはりむくみ肩こり頭痛など、近年ではこういった月経前後の不調が

PMS(月経前症候群)

として認められ、低用量ピルを始めとする治療・症状緩和薬も出てきています。

「病気じゃないんだから我慢しなさい」というのは昔の事。毎月の症状を確認し、適切な治療とケアを行いましょう。

乳房にゴツゴツしこりが?乳腺症治療に低用量ピル

生理前には何かと体調に変化が表れやすいものですが、

乳腺症

もその1つと考えられています。

乳房がゴツゴツする、しこりがあるように感じられる、乳房が張って痛いなど。ホルモンバランスの乱れによる症状は、PMS(月経前症候群)更年期障害同様周囲からあまり理解されない事が多いですが、生理現象とはいえ非常に辛いものです。

当店では女性ホルモン剤の他、低用量ピルをお買い求め頂けます。

是非ご覧下さい。

40代になってからまさかの望まない妊娠…を防ぐ為に

妊活、不妊治療、高齢出産・・・と、ここのところ「子どもを授かる」事が難しいという話題には事欠きませんが、一方で望まない妊娠・中絶も後をたちません。特に30代、40代と高齢になって、本人がもう妊娠を望まない時期になってから妊娠が発覚する、というケースが見られます。「まさかもう妊娠しないと思っていた。」と驚く人もいるようです。

いくつになっても女性としての自覚を持って、体の管理に気を配りたいものです。

当店では女性から行える避妊方法の1つ、低用量ピルをお買い求め頂けます。避妊の他、PMS(月経前症候群)更年期障害の治療にも使われます。

お使いのものがございましたらご覧下さい。

女性ホルモンの力で不調を治しましょう!

近年、体の不調を訴える女性が増えています。

体がだるい疲れやすい夜眠れないイライラする、憂鬱な気分になる頭が痛い・・・等など訴えられる症状は人さまざまですが、これらの不調に

女性ホルモン

が関係している事が少なくありません。

生涯の妊娠・出産経験の有無や回数、労働環境の悪化、夜中まで起きているなど生活スタイルの変化など、女性ホルモンバランスを乱す要因が増えて体に心に不調があらわれているのです。

オス化・オヤジ化と軽く扱われるものもあれば、PMS(月経前症候群)月経不順更年期障害など深刻なものもあります。とにかく我慢しないで早めの診断を受け、治療を行いましょう。

当店では女性ホルモン剤の他、低用量ピルもお買い求め頂けます。通院し続ける余裕がないからといって諦めず、適切な治療を行いましょう。

 

生理痛がひどすぎてツラいあなたへ

生理痛

ほとんどの女性が経験するものですが、症状のあらわれ方が人によって、また同じ人でも時期や環境によってずいぶんと違います。

「毎月寝込む程ひどい」

というような重い体の症状の悩みに加えて、周囲の「生理痛は病気じゃないから我慢できるはず」という無理解がストレスとなり、ますます症状が悪化するケースもあります。

生理痛の原因は人それぞれにありますが、生活習慣を見直す、お薬をうまく利用するなどほんのちょっとの工夫で劇的に症状が改善する事が多く見られます。

毎月の事。我慢しないで早めのお手当をしましょう。

当店では消炎鎮痛剤の他、女性ホルモンのバランスを整える低用量ピルもお買い求め頂けます。

低用量ピルを通販で

低用量ピルを使用する女性、増えています。

一昔前はもっぱら、女性による避妊の為のお薬として使われていましたが、現在は避妊の他にも

といったように様々な目的で使用されています。

当店の発送国・タイを始め、海外では一般的な薬局で購入出来ますが、日本では病院で購入する必要があります。毎月病院まで通う時間がない、費用を抑えたいという方はぜひ一度ご覧下さいませ。