タグ別アーカイブ: 自宅配送

性交痛緩和薬

性交時の痛みを我慢し続ける女性は多いようです。

外傷、内蔵への圧力、精神的不安等様々な原因がありますので、「自分が悪い・自分が我慢すれば良い」と思わず、一度診察を受けましょう。

本日は性交痛緩和薬の中から皮膚表面麻酔剤をご紹介します。外から塗るタイプの麻酔薬で、自己注射などにも使われるお薬です。

股がかゆい:股の水虫インキンタムシ(股部白癬)治療薬あります

水虫というと足・爪の水虫がよく知られていますが、他にも股にできる

インキンタムシ(股部白癬)

というものがあります。足や爪のケアには熱心な人も、意外と気づかないのが股や性器付近の蒸れや病気。股や性器付近にかゆみ・違和感がある場合は、水虫以外にも様々な性病・感染症・婦人病が疑われます。「かぶれた」で済ませず、まずは受診しましょう。

当店ではインキンタムシ(股部白癬)の治療に使われる抗真菌剤をお買い求め頂けます。度々発症する人、長期治療が必要な方はストックにもどうぞ。

[性病]若い人に感染拡大-性器クラミジア感染症

近年特に若い人を中心に感染が広がっていると言われている

性器クラミジア感染症

の治療薬をご紹介します。感染した女性の内80%が自覚症状がないので要注意です。おりものの異常・変化が見られた場合は早めに確認してみましょう。他の性病にも言える事ですが、女性の場合症状が進行すると不妊など取り返しのつかない重症となる場合もあります。時間のある時に治療すればいいや、と放置せず、早めの処置を行いましょう。

くしゃみ鼻水鼻づまりをすっきり解消!

花粉症を始め、大人になってからアレルギー症状を訴える人が増えています。

本日は

アレルギー性鼻炎

の治療薬をご紹介します。

お化粧をする女性にとっては特に、鼻炎の症状はつらいもの。鼻をかみすぎて顔が赤くなったり、目は常に涙目になったり、せっかくのお化粧もすぐに崩れてしまったり。。メガネやマスクもせっかっくのオシャレの邪魔になったりして憂鬱になります。

当店では病院で処方される効き目の高いお薬をお買い求め頂けます。ぜひご覧下さい。

年末年始のお休み前にお薬の買い忘れをチェック!

早いもので今年も残すところ後わずかとなりました。

年末年始に長期休暇を取られる方、年末年始もしっかりお仕事に励まれる方、様々かと思われますが、体調を崩しやすいこの時期は十分にご注意下さい。

さて当店では12月28日(土)~1月5日(日)はご入金の確認、及び発送業務がお休みとなります。この期間中もご注文の受付けは行っております。

年末年始は病院、医療機関、調剤薬局がお休み、または非常に混雑する事が予想されます。服用中のお薬のストックが気になる方は、早めにご準備下さい。特に低用量ピル等飲み忘れにより効果のなくなるものは多めに用意しましょう。当店の場合も年末年始は物流の混雑により、通常よりお届けに時間がかかる事が予想されます。できるだけ余裕を持ってご注文頂けますよう、何卒宜しくお願い致します。

フラフラめまいが辛い-メニエール病治療薬あります

女性に発症の多い

メニエール病

の治療薬を入荷致しました。フラフラとする回転性のめまいが特徴の病気です。

ストレスが原因とも言われるメニエール病。毎日忙しくストレスフルな女性には注意が必要です。

お使いのお薬がございましたら一度ご覧下さい。

女性ホルモン剤:プロゲステロン・黄体ホルモン

女性の様々な体の変化に影響する女性ホルモン。近年ではその女性ホルモンのバランスが崩れて不調を訴える女性が増加しています。当店ではホルモン補充療法に使用される女性ホルモン剤をお買い求め頂けます

本日は女性ホルモンのうち、

プロゲステロン黄体ホルモン

をご紹介します。お使いのものがございましたら是非ご覧下さい。

不妊治療・妊活:排卵誘発剤

本日は、当店でもよくご利用頂いている、不妊治療のお薬

排卵誘発剤

をご紹介します。お安い価格のジェネリック医薬品もございます。

お使いのものがございましたらご覧下さい。

女性ホルモン剤:卵胞ホルモン(エストロゲン)

体の不調に

女性ホルモン

が大きく影響している事が分かり、近年では女性特有の病気や症状の緩和の為に女性ホルモン剤を利用される方が増えています。

本日はお買い求め頂ける女性ホルモンの中から

卵胞ホルモン(エストロゲン)

をご紹介します。長期的な服用が必要で、お薬代が気になる方には是非ご覧下さい。

 

女性も感染する性病:尖圭コンジローマの再発に注意!

  • 寒い
  • 年末年始の休みに向けて仕事や家事、用事に忙しい

仕事に家事に育児に介護にと男性以上に休みのない女性は多いと思われます。

体力が低下した時、ストレスが溜まっている時は持病が再発しやすくなります。

本日はウイルス感染症(性病)である

尖圭コンジローム・尖圭コンジローマ

の治療薬をご紹介します。

一度感染すると何度も再発を繰り返すと言われるこの病気。病院にお薬を貰いに行く暇もない方には、再発に備えたストックにもどうぞ!

ピルの飲み忘れ・買い忘れはありませんか?

女性による避妊、また女性ホルモンバランスを整える為のお薬として広がりつつある

低用量ピル

お使いの方のお悩みで多いのが

  • 飲み忘れ
  • 買い忘れ(ストックが切れた)

です。特に日本では低用量ピルを病院で購入する必要がある為、忙しい、時間がない、近隣に良い病院がない方にとっては継続使用を諦めたくなるところ・・・。ピルは1日でも服用が切れると、せっかくの効果がなくなってしまいます。

当店では個人輸入を通して、ピルをネット通販で購入頂けます

忘れないよう早めにストックしておきたいという方!年末年始のお休みももうすぐです。是非ご利用下さい。

女性に多い甲状腺機能低下症・橋本病の治療薬

女性の体調不良にはホルモンが関係している事が多いですが、本日は甲状腺ホルモン分泌低下によって起こる

甲状腺機能低下症

橋本病

の治療薬をご紹介します。お使いのものがございましたらストックにもどうぞ。

女性には辛い、尿失禁のお薬あります

女性にとっては特におしっこの悩みは辛いものがあります。

シニア層の場合は加齢による尿失禁、若い女性でもストレスなど神経因性の膀胱炎や尿道炎に悩む方が多くいらっしゃいます。

お仕事中や外出時など、少しでも不安と緊張感を和らげる為に、適切な治療を行いたいものですね。

当店では尿失禁の治療薬をお買い求め頂けます。お使いのものがございましたら是非ご覧下さい。

乳房にゴツゴツしこりが?乳腺症治療に低用量ピル

生理前には何かと体調に変化が表れやすいものですが、

乳腺症

もその1つと考えられています。

乳房がゴツゴツする、しこりがあるように感じられる、乳房が張って痛いなど。ホルモンバランスの乱れによる症状は、PMS(月経前症候群)更年期障害同様周囲からあまり理解されない事が多いですが、生理現象とはいえ非常に辛いものです。

当店では女性ホルモン剤の他、低用量ピルをお買い求め頂けます。

是非ご覧下さい。

膣トリコモナス症(トリコモナス膣炎)治療薬あります

先日のカンジダ膣炎と共に気をつけたい性病(または女性がかかりやすい病気)が

膣トリコモナス症・トリコモナス膣炎

です。

性器のかゆみおりもの異常の症状の出る病気は性感染症に限らず沢山ありますので、まずは正しい診断を受け、しっかり治療を続けましょう。

カンジダ膣炎(カンジタ)・膣カンジダ症治療薬あります

いわゆるデリケートゾンのトラブルは沢山ありますが、

が原因というイメージが先行し、治療に二の足を踏んでしまう傾向が見られます。中には患部を見るのも見られるのも嫌だ!という方もいるようです。

性器のかゆみおりもの異常があらわれる病気には、性病や不衛生以外にストレスや体力低下が原因となるものも多くあります。男性以上に働き、家事をし、育児をし、介護も引き受けているというような現代女性にとっては、他人事ではない病気なのです。治療を先延ばしにして放置すると、他の病気につながる可能性も高まります。是非日々のケアと治療を心がけましょう。

本日はカンジダ膣炎(カンジタ)の治療薬をご紹介します。水虫の治療にも使われる抗真菌剤が中心となります。症状が出やすい方はストックにもどうぞ。

 

 

外陰部がかゆい…細菌性膣炎治療薬あります

外陰部がかゆい

性器のあたりに違和感がある

このような場合は各種性病と併せて細菌性膣炎の可能性も確認してみましょう。

特に最近ではレギンス・タイツ・スキニーパンツ・重ねばきなど外陰部が押さえつけられ、蒸れて不潔な状態になってしまうファッションが流行っています。足の水虫と共に注意しましょう!

当店では抗生物質を中心に治療薬をお買い求め頂けます。お使いのものがございましたらご覧下さい。

40代になってからまさかの望まない妊娠…を防ぐ為に

妊活、不妊治療、高齢出産・・・と、ここのところ「子どもを授かる」事が難しいという話題には事欠きませんが、一方で望まない妊娠・中絶も後をたちません。特に30代、40代と高齢になって、本人がもう妊娠を望まない時期になってから妊娠が発覚する、というケースが見られます。「まさかもう妊娠しないと思っていた。」と驚く人もいるようです。

いくつになっても女性としての自覚を持って、体の管理に気を配りたいものです。

当店では女性から行える避妊方法の1つ、低用量ピルをお買い求め頂けます。避妊の他、PMS(月経前症候群)更年期障害の治療にも使われます。

お使いのものがございましたらご覧下さい。

女性に多い頭痛・片頭痛治療薬

じーっとこめかみを押さえている女性の姿。よく目にしますよね。

頭痛片頭痛

は女性に多い症状の1つです。ストレスや不安の他、生理、妊娠、出産、更年期などによるホルモンバランスの変化によって引き起こされる事もあります。

本日は鎮痛剤をご紹介しますが、頭痛の原因がホルモンバランスによる場合はPMS(月経前症候群)更年期障害のページも是非ご覧下さい。

女性ホルモンの力で不調を治しましょう!

近年、体の不調を訴える女性が増えています。

体がだるい疲れやすい夜眠れないイライラする、憂鬱な気分になる頭が痛い・・・等など訴えられる症状は人さまざまですが、これらの不調に

女性ホルモン

が関係している事が少なくありません。

生涯の妊娠・出産経験の有無や回数、労働環境の悪化、夜中まで起きているなど生活スタイルの変化など、女性ホルモンバランスを乱す要因が増えて体に心に不調があらわれているのです。

オス化・オヤジ化と軽く扱われるものもあれば、PMS(月経前症候群)月経不順更年期障害など深刻なものもあります。とにかく我慢しないで早めの診断を受け、治療を行いましょう。

当店では女性ホルモン剤の他、低用量ピルもお買い求め頂けます。通院し続ける余裕がないからといって諦めず、適切な治療を行いましょう。